☆ ブログラム参加中!応援ポチっとお願いします! ☆ blogram投票ボタン

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.05.11 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

年齢というものは

年齢というものは
 
 
 
 契約解除を求め所属事務所を提訴したタレントの眞鍋かをりさん。
 
 公式プロフィールで「昭和56(1981)年3月31日生まれ」とされていたが、訴状により「昭和55(1980)年5月31日生まれ」で年齢の1歳サバ読みが発覚だそうですが真相は?。
 
 
 芸能人の年齢のサバ読みというのは、珍しいことではないとのことですが。
 
 
 年齢で1歳の違い、小さいようで大きいようで・・そのときの年齢で違いますね。
 
 
 小学生の1歳差、早生まれだと体力でかなりの差がでてきますね。
 
 少しの日数の違いで1つ違う学年になったかもしれないんですから。
 
 
 80歳夫婦の1歳差というのは、あってないようなものですよね。
 
 
 同じ1年ですが、いろんな見かたができると思います。
 
 
 


時計というもの

時計というもの


時計は生活にはかかせないものになっています。

もちろん重要性は国によって違いはありますが、

先進国では当たり前の存在になっていますね。


時計と言うものは歴史があり、

いろいろ変化、進化をしてきました。


私たちはいくつもの時計を、意識しないで使っている場合がありますね。


家にある時計はいくつあるのでしょう?

壁掛け時計、目覚まし時計、腕時計、電化製品などなど。

軽く10個以上もっている人も多いのではないでしょうか?


外に出ると、そこでもいろんな時計に出会いますね。

ビルの壁についている大きな時計、駅のホーム、学校、職場などなど。


時間で動いている?動かされている?

私たちの生活は管理されている?管理している?

あまりにも時間を意識した行動が多すぎますよね。

これが良いのか悪いのかは人それぞれでしょうね。


旅行に行くと時間を忘れると、たまにいいますが、

本当に忘れることができる、気にすることなく過ごせる旅というのは簡単ではないですよね。

宿があれば、チェックイン、チェックアウト、食事の時間をきにしたりします。


まぁ時間を気にしながらの生活には慣れているので、

苦痛に感じることは少ないのでしょうね。


そんな生活に身近な時計のあれこれ、

知りたくなってきますね。


時計と言うものは歴史があり、

いろいろ変化、進化をしてきました。


精度もいろいろなものが現代にもありますね。

1秒の狂いも許されない用途もあるでしょう。

それを考えると、時間の流れは一定なんですね。今の生活の範囲では。


不思議な時計、時間の世界に興味津々です。



映画館での違反撮影防止技術

映画館での違反撮影防止技術です。



国立情報学研究所の発表によりますと、


国立情報学研究所(所長:坂内 正夫)の越前 功准教授は,

シャープ株式会社と共同で,

スクリーンやディスプレイに表示された映像の

違反撮影を防止する技術を開発しました。

本技術は,人間とデバイスの分光感度特性の違いに着目し,

人の視覚に影響を与えないノイズ光源を用いて,

撮影映像にノイズを重畳することで,

既存のデジタルビデオカメラに新たな機能を追加することなく,

スクリーンやモニタに表示した映像の違反撮影を防止することができます。

今回開発した技術は,

近年問題となっている映画館での違反撮影行為の防止のほか,

デジタルサイネージなどの様々な表示媒体の著作権や

肖像権の保護に役立つ技術として期待されます。

とあります。



簡単に言うと、

人間の眼には反応せず、

カメラに反応する光で邪魔をするというものですね。

ポイントとしては、

カメラ側に新たな機能を付け加えなくていいということでしょうか。



映画が封切られる前に流出するなど、

問題はかなり深刻になっていましたもんね。

カメラ技術も発達し、このままいくと

鮮明な違反撮影映画が出回るのも時間の問題でしょうし・・



いたちごっこでなければいいのですが・・


最新記事

カテゴリー

archives

おすすめ リンク

フリースペース

 

  

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM